薄毛が気になったら坊主頭がおすすめ そのメリットとデメリットを解説

髪の毛が薄くなると、可能なヘアスタイルも限られてしまいます。
その中の選択肢の一つとして坊主頭があります。
薄毛を目立たなくし、尚且つ清潔感も兼ね揃えた髪型が坊主頭です。

ここでは坊主頭のメリットおよびデメリットをあげて行きましょう。

床屋で刈ってもらうにせよ、自分でバリカンで短くするにせよ、手軽に挑めるのが坊主頭の良い所です。
丸刈りにした直後の手触りは爽快の一言というほかありません。
髪の毛全体が均一に短くなるので、薄毛部分が周囲に埋没して目立たなくなるという効果もあるのが嬉しいですね。

また、洗髪のしやすさも他のヘアスタイルの追随を許しません。
洗った髪を乾かす際にもドライヤーを用いるまでも無く自然乾燥で充分なほどです。髪の毛を濡れたまま長時間放置すると傷みやすくなってしまうため、そう言った危険性とは無縁であるのも坊主頭のメリットの一つです。

育毛剤の浸透率も高いという嬉しい側面もあります。髪の毛が長いとそれに阻まれて育毛剤が頭皮に行き渡らないケースもままあるのですが、坊主頭ならそんな心配は要りません。
薄毛が目立たない状態で薄毛改善に取り組めるのです。

これだけ良い事ずくめの坊主頭ですが、ひとつだけデメリットがあります。
丸刈りにして2週間ほど経つと短かった髪の毛も多少は伸びます。この状態で寝癖がつくと非常に直しづらいという思わぬ弱点があるのです。
さらに時間が経って髪の毛が伸びるにつれ、薄毛部分と髪の毛が老い部分とのコントラストが強く出てします。
なので、最低でもひと月に一度は再び髪を短くする必要があるのです。

とは言え、坊主頭のデメリットはせいぜいこの程度の物で、メリットの方が圧倒的に多いのは確かです。
薄毛を悩みに持つ人にとっては心強い髪型であると言えます。