AGAにならないために

AGAとは、男性型脱毛症の事で、主な症状には、抜け毛が多い、毛が細くなった、毛が伸びない、地肌が透けて見える、髪が上手くセットできない、髪が薄くなるのが不安になるなどといったものです。

そんなAGAの原因は、生活習慣にあると言われていて、AGAにならないようにするには、生活習慣を見直す事が大切です。
まず、タバコを吸っている人は要注意です。タバコに含まれているニコチンが血行不良を起こし、髪に悪影響を及ぼします。
改善方法は、ニコチンの少ない無煙タバコに切り替える事です。ニコチンは、タバコの煙の部分に多く発生しています。そのため、ニコチンの量を減らし、血行が悪くなるリスクを減らしておくことが大切です。いきなり禁煙しても続かない人がほとんどなので、ニコチンの量を減らすことから始めると良いです。
次に要注意なのは、睡眠時間が少ない人です。睡眠時間が不足していると、髪が成長するのに必要な栄養が届かなくなり、髪が伸びなくなります。せっかく育毛を頑張っても台無しになってしまうという悪循環を起こす原因にもつながってしまうのです。
改善方法は、寝る時間を決める事です。会社での残業や、夜通しでの仕事は正しい睡眠時間で寝ることができなくなります。そのため、夜はゆっくり家で過ごし、しっかり睡眠をとることが大切です。目安は最低6時間です。なかなか眠れない人は、家事をしたり、小さい子供がいるパパさん、ママさんの場合は子供と遊んだりして、ぐっすり眠れるように、身体をわざと疲れさせるのも良いです。
そして、最もよくあるのが、アルコールです。缶のビール五本なんて、絶対髪に良くないことです。そんな生活を繰り返すと、髪にいきわたるはずの栄養が届かなくなり、抜け毛が繰り返されるばかりです。
改善方法は、わざと酔っ払って、飲みたくなくなるようにすることです。これだけはどうにもこうにも我慢できない人が多いので、総摂取量を抑えることから徐々に始めることが大切です。大分慣れてくれば、ノンアルコールでも大丈夫なるので、それまでは総摂取量を抑えられるようにするようにした方が良いです。
結論として、AGAは生活習慣を見直せば怖くありません。髪に良い生活をするために、自分の現在の生活習慣と向き合い、改善していけば、AGAの事で悩むこともなくなります。